ひねくれちゃんの1ヶ月チャレンジ

ひねくれちゃんの1ヶ月チャレンジ

やってみたい!やりたい!でもなかなか一歩を踏み出せない・・そんなひねくれ者がいろいろチャレンジしようとする場

「捨てる」と決めたモノを捨てる

強化月間 「 理想の部屋を手に入れる!」企画

「こんまり流片付け」に挑戦しています。

 

実施リストはこちら

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

捨てると決めたはものの

まずは「捨てる」、そして「収納」。

「捨てる」と決めたはいいけど、なかなか実際に「捨てる」ことができません。

 

人に喜んで譲れないモノは、捨てることができます。

でも、「私は使わないけど、他の人なら使えそうなモノ」は、

捨てることを躊躇してしまいます。

 

そんなモノの中でも、

本は古本屋に持ってけばいいやと思えるのですが、

問題は洋服や小物類

 

フリマアプリを使えば、他の人に譲ることができると思ってしまって、

結局残してしまっています。

 

すぐ売れればいいけど、残るものはずっと残ってしまう。

それだと、すっきりした部屋は遠のくばかり。

 

そうと分かっても、中々自分の手でゴミ袋に入れることができない。

「捨てる」と決めたけど、

「使える人が現れるかも」と、

実際に「捨てる」ことができないモノが増えていくばかりです。

 

持っていても幸せにならない

まだ使えるとは言っても、もう自分が使うことはない。

持っていても幸せにならない。

 

だったら、欲しい人に譲ればいい。

 

それはとても甘美な響きで、

実際にそれができればいいですが、

欲しい人が現れないことも多い。

 

持っていても幸せにならないのであれば、

その場で手放す(ゴミに出す)方がいいのでしょう。

 

それでも、

なかなかの勿体無い精神なのか、

モノを大事にしなさい精神なのか、

なかなか自分の手でゴミに出すことができません。

 

持っていても幸せにならないという考えは、

「手放す」決意をさせてくれますが、

実際「捨てる」を行うにはもう一声ほしいところ。

 

「捨てる」とはゴミ袋に入れること。

でもできれば、他の人に譲りたい。

自分で捨てるという行為に抵抗があるのだと思います。

 

モノを大事にするとは

使いもしないのにずっと持っていることを、

「モノを大事にしてる」といえるのかと問われれば、

答えはノー。

 

むしろ、使いもしないのにずっと持っているのは、

自分にとっても、モノにとっても、ナンセンス。

 

だから、使えるものであっても、使わないのであれば、

手放してしまう方が、きっとモノにとっても自分にとってもいい。

 

そんな考えから、

以前よりは「捨てる」ことができるようになりました。

それでもやっぱり、

他の人に譲ることができるモノをまだまだ捨てることができません。

 

当たり前な考えに思えますが、

どうしてなのでしょう。

 

他の人が現れないのであれば、捨てるけど、

他の人に譲れる可能性があると捨てられない・・。 

 

私ではない、他の誰かが大事にしてくれるかもしれないと思って、

結局大事にできない自分の部屋の片隅に置いたままのモノたち。

 

貰い手がいないのであれば、

自分の手でゴミ袋にいれるしかない。

と何度自分に言い聞かせても、

見えない壁がゴミ袋に入れることを躊躇させます。

 

それでも捨てると決める

散々捨てられないと嘆きましたが、

それでも捨てるのは自分。

 

自らの手で「捨てる」ことが、

モノとのお別れを身にしみて体感できる。

それが、本当にモノと向き合うということなのかもしれません。 

 

つまり、自分が「捨てる」を実施しないと、どうにもならない。

それができればいいのだけど・・・と逃げるのではなく、

一度捨ててみる。

そのための「捨てる」か「残す」の判断だったはず。

 

持っていても、自分を幸せにしないモノだから、

「捨てる」と判断したはず。

今後の自分の幸せのために「捨てる」。

 

言い訳をして、いつまでも捨てないのは、

「幸せになる決意」が甘いのかもしれません。

今一度、理想の暮らしに想いをめぐらし、

強い意志で「捨てる」を実施したいところ。

 

 

簡単に捨てる方法はない?

モノを中々捨てられない・・。

 

いろいろ自分に言い聞かせても、

「使えるものを捨ててはいけない」という思いは拭えません。

 

モノを「捨てる」ことに抵抗がある人は、

モノを捨てることができない観念をもっているのかもしれません。

(観念:自分の思い込み、自分ルール)

 

自分で捨てる!と決意して、

実際に「捨てる」ことを行うのも一つの手です。

 

が、モノを捨てられないのは理由があるはず。

 

「どうして自分はモノを捨てられないのだろう」と

自分に問いかけて、自分と向き合うことで、

モノを捨てられるようになるかもしれません。

 

自分が持っていても幸せにならないモノを持っていても、モノが可哀想。

とこんまりさんもおっしゃっています。

それに賛同できても、捨てられないのであれば、

それだけ捨てられない理由があるのでしょう。

 

モノを捨てずに持っているのは、ある意味楽です。

でも、理想の暮らし、理想の部屋を目指して、

今こそ捨てると決めたモノとお別れをしたい。

 

モノを捨てるにもいろいろ方法がある。

・モノを捨てることに対する考えを変える。

・中古屋に売る方法で手放す。

・しのごの言わずに「捨てる」を実施する。

 

自分に合う方法で、お別れができるといいなと思います。

 

古本屋に持って行く

本は値段がほとんどつきませんが、

それでもよければ、古本屋に持っていけば、

心持ち楽に手放すことができます。

 

値段がつかない本も引き取ってもらいます。

値段がつかないと、悲しい気持ちになってしまいますが、

本は読むためにあるもの。

きちんと読んだ時点で、本の役割は終わっています。

 

役目を果たしてくれた本、

出会ってくれた本に感謝して、

手放します。

 

本を手放したいけど、

内容はとっておきたいのであれば、

PDFにしてくれるサービスもあるみたいです。

データとしてとっておきたいとおもうのであれば、

データ化も一つの手ですが、結局データとしては残るので、

きちんと「捨てる」という点では、自分と相談したいですね。

 

フリマアプリ、オークションに出す

服やゲームはフリマアプリやオークションに出す手があります。

 

ただ、

・売れるまで部屋の一角を占領してしまうこと。

・商品掲載、発送作業などが必要になること。

・ずっと売れないことがある。

などのことを考えると、

ものによってはコスパは悪いです。

特に、金額の割に、商品掲載や発送がめんどくさいことが多いので、

その点においても、その場でゴミ袋に入れてお別れが一番なのかも。

 

もちろん、

・他の人に譲れる可能性がある

・お金になる

こともあるので、どうするかは自分と相談。

 

注意したいのが、

ずっと売られるのを待っていては、

一向に部屋のモノがなくなりません。

 

片付けの間だけ出品し、

片付け終了時に売れていないものは、

自分の手で捨てるというルールをつけるなど、

売り出す期間を決めて絶対に守るのがいいかなと思いました。

 

ついつい売り出す期間を伸ばしてしまったりするので、

自分の手で「捨てる」は避けては通れません。

 

自分の手で「捨てる」

理想の部屋を求めて。

理想の暮らしを求めて。

 

自分の手でモノを「捨てる」。

自分の手でモノとお別れをする。

 

これは「決意」を実行する経験になります。

 

覚悟を持って「捨てる」。

自分の責任で「捨てる」。

 

売ったり、人に譲ることは、楽です。

自らの手で「捨てる」ことは、

別れを決断する点で、覚悟を伴います。

 

これが、「こんまり流片付け」の醍醐味なのかもしれません。

 

モノとお別れすることは、

過去とお別れすること。

 

らしいです。

これから生きるのは、「今」そして「未来」。

 

過去とは自分の手で、お別れをしよう。

 

捨てれない理由を考える

モノを捨てられない人は多いと思いますが、

モノを捨てることができる人もいます。

 

それは、「捨てることやモノ」に対する考え方が違うから。

 

勿体無いと思うことを美徳と思っていませんか。

モノを捨てることを罪だと思っていませんか。

それを当たり前だと思っていませんか。

そして、そんな自分を好きだったりしませんか。

 

それは一見良いことにも思えますが、

その考え方に「良い」も「悪い」もありません。

 

 

どうしてその考えを「良い」と思うのか。

あるいは「悪い」と思うのか。

 

モノを捨てられない理由を突き詰めていくと、

自分の気づかなかった考え、思い込みに出会うかもしれません。

 

 

「勿体無いと思ってモノを捨てられないこと」と思うのであれば、

きっとそう思うことになんらかのメリットがあるのでしょう。

 

「モノを捨てないといけないんだ!」と思うのであれば、

そう思うことで得られることがあるのでしょう。

 

どうしてモノに対してそのような考えを抱いていて、

今後はモノに対してどんな考え方をしていきたいか。

 

「捨てる」ことに対してどんな風な考えを頂いていて、

今後は「捨てる」ことをどのように行っていきたいか。

 

「捨てる」行為から逃げずに、向き合って「捨てる」を実施したい。

無理やり捨てるのではなく、

自分が納得の行く形で「捨てる」ことを行いたい。

 

なかなか難しいですが、

それがこの「片付け」の一番大事な部分なのかもしれません。

 

捨てます!

ということを長々と書いたんだから、

書いた自分は、自分の手で「捨てる」を実施したいところ。

 

片付けが終わるまでは、フリマアプリに出すことにします。

あと、買い取り王子を利用して、

使えそうなものはまとめて送ってしまおうと思います。

 

上記は、お金を求めるより、手放しやすさを求めての実施になるので、

小物類とか勿体無いけど、

なかなか売れそうにないものは決意してお別れしようと思います。

 

ふぁいてぃん自分。

 

片付けが終わるまで、必要な日用品以外極力買い物しない!

と決めたけど、読んでみたい本。

自分が捨てられない理由を解明したい。

新装・増補版 「捨てる!」技術 (宝島社新書)

新装・増補版 「捨てる!」技術 (宝島社新書)